高齢化社会では住まいに必要なものがあるのですが、高齢化ではバリアフリーという設備が必要です。

セキュリティの高い住まいに
セキュリティの高い住まいに

住まいにはバリアフリー

高齢化社会の住まいではバリアフリーの設備がポイントとなり、部屋のいたるところに高齢者が住むための便利な設備があるのです。まずは入り口である玄関には段差をなくすことで、高齢者でも出入りが楽なようにするのだそうです。これは部屋の仕切りの部分にも段差がなく、平たくすることによって転んだりすることを防ぐようになっています。またバリアフリーではトイレやお風呂場というのもかなり大事なところで、トイレやお風呂場というのは立ったり座ったりするので手すりをつけるのが基本です。手すりがあることで一人でトイレやお風呂に入れるのです。

そして二階や三階建ての住まいというと階段があるのですが、高齢者がいる家庭では階段に手すりがついているのは常識になっています。中にはホームエレベーターのついている家もあったり、階段昇降機というものをあとからリフォームで設置することもできます。新しい家にはバリアフリーはついていますので、築年数の古い家でもリフォームをすることによって基本的なバリアフリー設備をつけることができます。このようにバリアフリーは高齢者との同居でも便利なのですが、自分自身が高齢になったときにも使える設備であるといえます。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017セキュリティの高い住まいに.All rights reserved.