我が国の住まいの歴史、現在流行しているマンションの傾向について、賃貸か持ち家の選択について

セキュリティの高い住まいに
セキュリティの高い住まいに

住まいの歴史と現在の傾向

我が国の住まいの歴史は、竪穴式、高床式住居に始まり、近代になると、西洋化が進み洋風住宅が建設されるようになり、アパートや集合、文化住宅も建設されるようになりました。しかし、基本的には木造の和風住宅がほとんどでしたが、現代は、鉄骨や鉄筋コンクリート造りになり、従来の木造建築と建築方法が異なって来ました。

近年、都市部で流行なのは、タワーマンションやデザイナーズマンションです。賃貸ではなく分譲マンションを購入して、最上階に居住するのがステイタスになっています。経済的な余裕があるならば、人生で一度は、高級マンションに住んでみたいと少なからず思う人もいます。

しかし、賃貸で色々な所に住んでみたいと思う人がいるのも事実です。賃貸の良い所は、一つの場所に縛られず、不都合があったり、近所の人達と合わなかったら、すぐ引っ越しを考えられます。それに土地と家屋の税金を支払う事も無いですが家賃を毎月払っても自分の所有にはならないです。持ち家は、ローン支払いを終了しても税金は一生支払い続けますが、確実に自己所有になります。賃貸と持ち家どちらを選択するかは、その人個人のライフスタイルの考えに合った方を選択する事です。

Copyright (C)2017セキュリティの高い住まいに.All rights reserved.