住まいを建てるとき、太陽光発電装置を設置しなくても設置できる屋根にしておけば後からでも設置できます。

セキュリティの高い住まいに
セキュリティの高い住まいに

住まいにおいては太陽光発電装置が載せやすい屋根

電気は欠かせないものでありながらここ数年で考え方が大きく変わっています。それまで頼っていた原子力発電の利用に関しては暫くは容認する考えと今後一切使用しないとする考えがあります。確かに安全性が確保されないまま運転されるのは非常に困ります。全国の原子力発電所の安全が確認されるにはまだまだ時間がかかりそうです。火力発電となると石油や石炭に頼ることになりどうしても費用がかかるようです。二酸化炭素の排出も気になります。

エコなエネルギーとして太陽光発電を利用する動きがありますが、さすがに原子力や火力に変わりうるにはまだまだ足りません。それでもこれから建てられる住まいでは対応するようにしたいです。設置に関してはまずは発電装置が必要です。補助が出るもののそれでも数百万の出費が必要になります。そのことから最初から利用しないで住宅を建てた人がいます。

しかし建ててから後悔することになります。当初計画していなかったために屋根を太陽光発電装置が載せやすいタイプではない形を選択したのです。そうなるともし載せようとするなら屋根の工事などが必要になってしまいます。最初から行っていれば後は載せるだけで済んだかもしれなかったのです。

Copyright (C)2018セキュリティの高い住まいに.All rights reserved.