住まいでは太陽光以外で自家発電する仕組みが期待されます。ガスを使って発電をするものがあります。

セキュリティの高い住まいに
セキュリティの高い住まいに

住まいにおいて太陽光以外で自家発電する仕組み

電気料金が値上げになるとの話題がでています。どの電力会社も原子力発電所が使えず、火力発電所の燃料負担が大きいとのことです。それ以外にも理由はあるようです。夏や冬などになると計画停電の話もでますし、不安に思いながら生活をすることもあります。病院や大きなオフィスビルになると停電をされては困ります。そのことから自家発電装置を持っているとのことです。主にガスを使って地下などに発電装置を持ち、電力会社から一切電気を受けていないところもあるそうです。

家庭の住まいにおいてはまだ電力会社からの供給なしに電気を賄うようにするのは難しそうです。太陽光の場合は太陽が出ていないと発電ができません。雨や曇り、冬などになると太陽出ている時間が短くなるために発電量も少なくなるようです。天気などに左右されるからです。そこで少し違うタイプとしては、オフィスビルの自家発電装置のようなものがあるそうです。ガスを使うものです。ガスで発電をし、発電のときに出る熱でお湯を沸かします。

一般的な発電所では発電のときに発生した熱はそのまま空気中に逃げていくそうです。ですから効率はあまり良くありません。自宅であれば装置を設置することで効率的に行えます。ただし設備は数百万するようです。

Copyright (C)2017セキュリティの高い住まいに.All rights reserved.